ピンチの時に頼りたいデータレスキューサービス

安心して保管できる

ファイル

昔と違い、パソコンも普及しデータも大量に保存できる時代です。ですが、便利になればなるほど、仕事のデータも増えてきて、保存するにも容量や使い勝手、セキリュティなどが心配になってきます。そこでファイルサーバはクラウドを利用することをオススメします。社内のファイルサーバがあるなかで、何故クラウドが良いのか紹介いたします。気になるポイントが導入にはコストが一定ということです。社内サーバなら初期費用にハードを購入しますがその費用が高額なのです。しかしクラウドですと、支払うのはサービス利用料のみになります。せっかく高額な初期費用を支払って社内サーバにしたのに、突然の故障で高額な修理代をだしてしまう可能性もあります。コスト面では一定なクラウドが良いですね。
セキリュティについてはデータを社内で管理せずにデータセンターにて保管します。センターにはサーバのプロがいるので万が一システムに侵入しようとしても守ってくれます。プロがいるので安心安全です。しかし停電が起きた場合が心配と考える方も多いでしょう。もし停電でデータが無くなっても復元する会社に依頼しても、コストは数十万円以上、中には百万円以上もコストがかかる場合があります。ファイルサーバをクラウドにするだけでそういった停電でもデータが無くなる心配はありません。停電や災害に備えて厳重に保管しています。コスト面やセキリュティ面を考えたら、ファイルサーバをクラウドにした方が良いです。