ピンチの時に頼りたいデータレスキューサービス

情報がIT化された時代

ファイル

企業などでは非常に多くのファイルを作成し取引先などに送付します。しかし、最近では大容量のファイルも多くメールなどで送付できないこともあります。そういう場合に便利なのはファイル転送サービスです。利用の際にはセキュリティは大丈夫なのか確認することも重要です。

業者が助けてくれる

社内

リスクの少なさで人気

大事なデータが入っているサーバは調子が悪くなると大変です。そこで日本で営業しているデータレスキューサービスを利用すると良いでしょう。ここは復旧をしてくれるだけでなく事前の見積もりから復旧可能リストまで提示してくれる人気サービスになります。特に復旧可能リストの提示はかなり助かるサービスです。実際にデータレスキューする時にどのファイルを取り戻せるかを把握できます。お金を使ってデータレスキューしてもらったけれど肝心のデータがない事態も事前に防げるのです。企業にとっては金銭的リスクの少ないサービスで好評を博しています。営業日も土日祝日24時間いつでも対応可能で、困ったときにすぐ使えるのでかなり便利です。

料金は障害で変化する

業者に持っていてデータレスキューしてもらうときに注目したいのが料金です。どんな障害を持っているのかで料金が変化する仕組みをしています。論理障害の場合記憶媒体ではなくデータ部分にトラブルがあって取り出せない状況です。ハードディスク内のデータを参照できない状態ですが、データ領域の構造を再構築すれば復旧できる可能性があります。軽度のものだと高くても2万円ほど重度であれば40000円以内で修理可能です。レスキューする場合は別途料金が必要で軽度だと25000円ほど、重度だと50000円くらいになります。物理障害の場合は機械的な故障なので結構金額がかかるのです。ハードディスクなら復旧費用が80000円まで、重度だと20万円以上する場合もあるので知っておきましょう。

安心して保管できる

ファイル

データ保管するにはファイルサーバが必要になります。社内の重要なデータなどを安心安全に保管できる方が良いでしょう。クラウドサービスを利用することで、心配なデータ保管に役立てられます。

頼もしいツールです

ネット

クラウドにバックアップをとっておくと、非常に便利ですしきちんとデータが元に戻ってくるので安心です。やり方などは非常に簡単ですので、設定などが苦手な方は一度問い合わせてみてやり方を教えてもらうといいと思います。